リース料金とシステム

クルマから経営的合理化を。カーリースがサポートします。

カーリースは、月々一定のお支払いでクルマをお使いいただけるシステムです。

クルマを資産として所有しないことで、一時払いの負担や、資産計上の必要もなく、税金や保険の手続き、支払いを代行します。

契約によっては、資産計上が必要なケースもございます。

リース満了後の予定残存価格を差し引いて、リース料を算定しています。

OA機器などに代表される一般のリースでは、ほぼその資産価値を全額償却する前提でリース料が算定されています。カーリースの場合は、あらかじめ中古車予想価格にあたる「予定残存価格」を差し引いてからリース料を設定します。したがって、合理的なリース料の算定といえます。

リース料の計算方法

すべての費用から予定残存価格を差し引いた「リース料総額」をリース月数で割ったものが月額のリース料になります。ご契約の車種・契約内容によって実際のリース料は異なります。

リース期間の設定

リース期間は一般的に「3~5年」が主流となっています。リースは契約途中で期間の変更や解約ができないことになっておりますので、お客様のご都合に合った期間をあらかじめご検討ください。

リース料総額÷リース月数=月額リース料

サポート内容充実でおすすめの「メンテナンスリース」。

メンテナンスリース、ファイナンスリース

トヨタレンタリースでは車両代、税金・保険にメンテナンスやさまざまなサポートを加えた契約「メンテナンスリース」をお勧めしています。また車両代、税金・保険までのシンプルな契約「ファイナンスリース」もご用意しております。

■リースに含まれる一般的な項目例

項 目 メンテナンスリース ファイナンスリース
車両価格
登録諸費用
自動車諸税
自賠責保険料
任意保険料
定期点検整備費  
一般修理費  
事故修理費
車検費用  
タイヤ・オイル交換代  
代車料  

車両保険付保時

【注】上記表の各項目は、契約内容により含まないものもあります。 あくまでも一般的な例であり、実際のご契約内容によりいろいろな組み合わせが可能です。