具体的なメリット - カーリースのメリット|トヨタカーリース

具体的なメリット

具体的な経理・財務的メリット

多額な一時払いの負担がなくなります。

カーリースなら、月々一定の支払いだけ。資金を有効にご活用いただけます。

100%融資と同じ効果があります。

カーリースなら、車両購入資金調達時の「拘束性預金」は必要ありません。銀行から100%の融資を受けた場合と同じ効果を生み出します。

対外的信用力が保持されます。

車両を購入すれば、当然、固定資産の増加・借入金の増加・流動資産の減少など、みかけ上、財務比率を悪化させてしまいます。カーリースなら、資産計上の必要もなく、信用力が保全されます。

契約によっては、資産計上が必要なケースもございます。

リース料は経費扱い※になります。

リース料は法人税法上原則として「必要経費」扱いとなります。車両代・税金・保険料・メンテナンスなど一切の費用すべてが月々一定のリース料として必要経費処理できます。

契約内容により、一部売買として扱われる場合がございます。

経営計画や予算がたてやすくなります。

メンテナンスリースなら、「リース料+燃料代+駐車場代」だけですから、車両コストが簡単に把握できます。したがって事業プランや予算がたてやすくなり、ひいては社内の原価意識の向上にもつながります。

車両を保有する場合に必要な税・保険の支払いを代行。

カーリースなら、車両を保有する場合に必要な税・保険の支払いを代行します。特に多くのクルマを保有する場合ほど、そのメリットは大きくなります。

主な代行項目:
■自動車諸税の納付 ■保険加入の手続き ■保険料の支払い

■カーリースと所有での負担比較(イメージ)

カーリースの場合、毎月一定金額

■カーリースと所有での経理事務比較

カーリースと所有の比較グラフ