すべての人に、移動の自由を。Welcab

お年寄りや、お身体の不自由な方の乗り降りにやさしいウェルキャブレンタカー。

ウェルキャブは、介助される方に快適であるだけでなく、
介助する方が容易に安全に使えること、つまり
「介助を気軽に頼める。それに気軽に応じることができる」
ということが大切だと考え、簡単で操作しやすい
「人にやさしい」サポート機能を備えています。

MODEL ウェルキャブ主な仕様モデル

車いす仕様車

車いすに乗ったまま、スムーズに乗り降りできます。リフトタイプとスロープタイプの2タイプをご用意。

※写真はスロープタイプ

※車いすはレンタルに含まれません

サイドリフトアップ
シート車

セカンドシートが電動で回転し、車外へスライドダウン。脱着タイプは、セカンドシートが車いすとして使用できます。

※写真はサイドリフトアップシート装着車

助手席リフトアップ
シート車

助手席が電動で回転し、車外へスライドダウン。シートの高さも自在に調整でき、スムーズな乗り降りが可能です。

助手席回転
スライドシート車

回転レバー・スライドレバーの手動操作で助手席が回転し、車外にスライドして乗降をサポートします。

サイドアクセス車

助手席が脱着可能で、車いすとして使用できるタイプと、専用車いすのまま助手席位置へ乗降できるタイプがあります。

※写真は脱着シート仕様

  • 取扱車種・仕様は店舗によって異なります。
  • 貸渡車両は写真と異なる場合があります。

PRICE LIST 基本料金

全車種クラス標準車と同額でご利用いただけます。基本料金は非課税となります。

クラス 6時間まで 12時間まで 24時間まで 以降24時間毎 超過料金
P2 通常料金 5,500円 6,000円 7,500円 6,000円 1,000円/時
北海道夏季料金 8,000円 8,500円 10,500円 8,500円 1,600円/時
W1 通常料金 7,000円 9,000円 12,000円 9,000円 1,500円/時
北海道夏季料金 9,000円 11,500円 15,500円 11,000円 1,800円/時
W2 通常料金 13,000円 14,000円 19,000円 14,000円 2,000円/時
北海道夏季料金 17,500円 20,500円 25,000円 19,000円 2,600円/時
W3 通常料金 15,000円 16,500円 22,000円 16,500円 2,500円/時
北海道夏季料金 20,000円 23,500円 29,000円 21,500円 3,200円/時
V3 通常料金 9,000円 11,500円 13,500円 10,000円 2,000円/時
北海道夏季料金 9,000円 11,500円 13,500円 10,000円 2,000円/時
  • 取扱いクラスおよび車種は店舗によって異なります。
  • 料金は2019年4月現在のものです。また、予告なく変更する場合があります。
  • 料金は店舗によって異なる場合があります。
  • 上記料金は、免責補償料・付帯料金を含みません。なお免責補償料は車種によって異なります。
  • マンスリー料金の設定はありません。

ウェルキャブご利用にあたっての注意

車いす仕様車

〈スロープタイプ〉

  • 乗降途中での車高調整は絶対にしないでください。
  • 車いす用シートベルトは、安全のため必ず締めてください。
  • 車いすの種類・タイプによりご乗車できない場合があります。
  • 必ず車高降下が完了してから、車いすでの乗降を行ってください。
  • 車高降下時に車体周辺に人や障害物がないことを十分確認してください。
  • 発進前に車いすが確実に固定されていることを再確認してください。
  • 安全のため車いすでの乗車は必ず介添えの方が行ってください。

〈リフトタイプ〉

  • 車いすおよびストレッチャーのブレーキを必ずロックしてからリフトを操作してください。
  • 安全のため各操作は介添えの方が確実に行なってください。

サイドリフトアップシート車/サイドリフトアップチルトシート車

  • シートに深く着座できない方、膝や首が曲がらない方の場合、足や頭がボディにあたり、座った状態でのシートの回転チルトおよび乗降が困難になりますのでご注意ください。
  • サイドリフトアップチルトシート車/サイドリフトアップシート車は、ベース車のシートとは異なります。回転対面状態、フルリクライニングはできません。
    また、シートスライドは車種によってできない場合、操作が異なる場合があります。
  • サイドリフトアップチルトシート車/サイドリフトアップシート車にはチャイルドシートは装着できません。
  • 脱着タイプは、水平で平坦な路面でご使用ください。
  • 安全のため各操作は、介添えの方が確実に行ってください。

助手席リフトアップシート車

  • シートに深く着座できない方、膝や首が曲がらない方の場合、足や頭がボディにあたり、座った状態でのシートの回転が困難になりますのでご注意ください。
  • 車種によりシートがドアトリムと接触する場合がありますが、機能などには問題ありません。
  • 助手席リフトアップシートは、ベース車のシートとは異なります。助手席タンブルシート、助手席フロントテーブル、フルリクライニングはできません。
    また、シートスライド量、シートバック角度もベース車と異なります。
  • 後席(助手席側)の足元スペースが狭くなります。
  • 安全のため各操作は、介添えの方が確実に行ってください。